母がファンになったSMAP、彼らはこれからも偉大だ

気がつけばファンになっていた、母はそう言いました。私もそうだね、と頷きました。アイドルグループであるSMAPの解散報道をニュースで知り、交わした会話でした。

若い頃は色々なアイドルのファンだったと言っていた母ですが、子どもができてからはあまりアイドルに興味がなかったそうで、ジャニーズも昔のグループなどしか知らないほどでした。しかし、私や弟がSMAP5人が揃って出演しているフジテレビのバラエティ番組を見ているところを何となく見ているうちに、気づかぬうちにSMAPの魅力に惹かれ、ファンになっていたのです。

それからの母はSMAP5人が揃って出演する番組はもちろん、個人個人が出演する番組はそのほとんどを視聴、または録画してくれるように頼むようになりました。誰誰が出ている番組は録画してるよね、この間録画した番組はどのDVDにダビングしているのか、と問う母は空き時間があれば録画した番組を見て楽しんでいました。私もそんな母を見るのが好きでした。

SMAPの魅力は私も理解しているつもりです。個人個人がそれぞれに活躍のステージを見つけ、グループとしてはもちろん、個々でもしっかりと活躍している、その姿は国民的と呼ばれるに値していると思っていました。

しかし、そんなアイドルグループにも確執があったと知り、ショックを受けた2016年1月。その報道が出てからは母は見るからにショックを受け、溜め息を多く吐くようになってしまいました。私も少なからず動揺しました。様々なメディアがこぞって世間に流す情報のどれが本当のことなのか、一斉に出される情報の何を信じていいのか、母は私以上に動揺していました。

そんな騒動も何となく終結に向かっていた矢先、今度は決定的とも言える年内で解散の報道が流れました。恐らく解散はないだろう、でも、契約期間が終われば分からないと言っていた一部メディアの情報がまさに現実となり、ニュースとして流れてしまったのです。これには母は、あまり食欲がないとまで言い出すようになってしまい、相当なショックを受けていました。

それでも母は前向きでした。今までのグループ活動に嘘はない、彼らにもらったものは計り知れない、彼らがギクシャクしたままSMAPを続けるのは宜しくない、今まで楽しませてくれたんだから、と、少しずつ元気になってくれました。

彼らが残してきた功績はどんなグループにも越えられない偉大なものだと私も思います。メディアの報道がすべてではないにしろ、彼らが心の中を語ることはないのかもしれませんが、彼らの今までの偉大なる功績は消えることなく生き続けるのだろうと思っています。

納得いかない部分もあるけれど、それでも彼らは彼らなりに必死だったのだから、と母は言いました。そうだね、と私は頷きました。

SMAPには、ありがとう、その時が来るまでは頑張って欲しい、そんな気持ちでいっぱいです。

オークションやフリマにハマッてます!

この頃、オークションやフリマに夢中で、出品したり、落札したりする機会が多くなりました。

まず出品は、スマートフォンのフリマアプリを使っておこなっています。使っていたけどもしばらく使うことはないだろうと思ったとき、出品し、徐々に値下げもしていけば、購入してくれることもあります。

あるときCDを出品し、購入してくれた方がいたのですが、自分としてはそんなに汚れていないだろうと思いましたし、梱包方法も、分からないことだらけだったのですが、実際あまりきれいな状態でもなく、梱包方法も、いい加減だったようで、クレームが入って二度と取引したくないと言われたことがあります。

どうみても出品した自分自身が悪かったのですが、さすがに落ち込んでしまいましたね。ですが、そこでいちいち後悔したりしても、損すると思いましたし、これを学習して、次に活かせるようにしようと思いました。物を売るというのは、やはり大変な部分もあるんだな、と感じました。

落札等では、欲しかった商品が安く手に入るのが利点ですね。人の手に渡った商品であっても、よほど汚くはないですし、何より安く手に入るというのがありがたいです。最近では、以前から欲しかった口紅やヘアワックスをおよそ半額くらいで購入したので、大変うれしかったです。たとえしっくりこないとしても、またオークション等に出品すればいいですし、これからもどんどんオークション等を利用したいです。

書道という一生の趣味を見つけて

趣味で書道を初めて15年以上になります。

小学生の時に字が汚いと入れられた書道が自分には合っていたらしく毎週淡々と通っていたのですが辞めようと思ったことも、嫌だなと思ったこともありませんでした。

たくさんの賞も貰いましたが、賞より書くことの方が好きで授賞式もまともに参加しなかったのですが、本当に好きな事って実はこんなもんなのかもしれません。

賞を取るために頑張るのも一つの目標、段を取るのもまた目標かもしれません。

ですが根底には書くのが好きという事があり苦に感じることもなく10年以上も飽きることなく続ける。

根気とも違いやりたいからやる、だから身にもつくし、上達もする、上手くなるために追求もするんだと思います。

「好きこそものの上手なれ」とは本当によくいったものです。

その通りだとつくづく感じますが本当に好きな事は周りからは凄く努力していると映っても本人はさほど努力とは感じておらず、ただ楽しいからやっているだけなのです。

こういう感じに思えるものに出会えたらそれがその人の趣味、特技になる可能性は大いにあります。

書道のように「字を書く」というのは一生使うことです。

一生のものを趣味に出来たら最高だと思います。

こんなことがあっていいのか!災難3連発

自転車が盗まれた。おいておいた場所の周辺をいくら探しても自転車が見つからなかった。

自分はこれまでに何度も自転車を盗まれている。今回で7度目だ。

自分の不注意で鍵をかけ忘れて放置していたケースもあったが、

中にはビルの施設内に保管しておいたものが盗まれたり、

盗まれないようにチェーンを車体と建物の支柱にくくりつけて保管していたとしても、

チェーンごと盗まれて残ったのは支柱のみだった、なんてこともあった。

意気消沈しながら帰宅して部屋に入ったと同時に、

ディスプレイとして立てかけていたメガネが突然倒れて落下し、

レンズとフレームがはじけ飛んでしまった。

狼狽しながらイスに座った途端、イスの柱が折れ曲がり盛大に後ろにずっこけてしまった。

今日はかなりな厄日となってしまった。

今年初めての帰省は大変でした。

異常気象のために交通機関が乱れ、帰省が夜中になりました。実家に着くと、玄関にはまだ電気がついていました。実家に帰って来て全員寝ていると困るだろうと、リビングで、妹が待っていてくれたそうです。「見たいテレビがあったから。」と、照れくさそうに言います。夕飯の残りを冷蔵庫から取り出して、温めてくれました。
妹も大学生になり、しっかりとした大人になっていました。簡単に近況報告をして、就寝しました。「両親には元気に帰ってきたと伝えておくから、朝はゆっくりと寝ていて良いよ。」とまで、言えるようになっていました。私のいない間に、両親のことを支えてくれていたようです。妹が成長して嬉しいのと寂しい気持ちで一杯になり、疲れていたはずなのに朝方まで眠れませんでした。

クリスマスの過ごし方について考えるのだ

クリスマス(25日は出勤なので、23日24日)に、どこかへ行こうと妹に言われ、ああでもない、こうでもないと話しているうちに、もうクリスマスは目の前に。

私自身は家でぐだぐだ寝ていてもいいのだけれど、やっぱり妹はイベント事を楽しみたいみたい。

しかし、レストランはどこも混んでいるだろうし、今までの経験上、ちょっといいレストランではクリスマスの日にはクリスマス用メニューがあり、要予約というのがふつう。クリスマスっぽくない場所なら空いているのでは?と去年はスーパー銭湯に行ってみたのですが、そこもとても混んでいました…。楽しかったですけどね!

いっそ、頑張って家でクリスマスディナーとケーキを手作りしてみようかな。レンタルDVDを借りてくるのもいいかも。

おすすめのDVDがあります!『東京ゴッドファーザーズ』クリスマスの東京が舞台のドタバタハートウォーミングな作品で、クリスマスになると観たくなるんだよな~。

車の半年点検です。ハンドルの奥の方で謎の音。

朝は自動車の半年点検でした。

昨夜担当さんから電話をいただきました。てっきり朝9時からだと思っていたのですが、9時半でした。

いつもは週末に予約を入れるのですが、今回は平日、大型トラックの往来が多いのに驚きました。

今年の5月に買った新車です。

買った当初から気になっていたのは、エアコンをかけるとハンドルの奥の方でジジジ、と音がすることです。

これが必ず音がするわけではないのです。

1か月点検では使っているうちに消える、と言われたのですが、先月また音がしました。夏中音はしなかったのですが。

結局点検の時には音がしないので、今回も様子見になりました。

待っている時の珈琲が好きです。熱すぎず、酸っぱくもなく、好みの味です。

3ヶ月の娘とわたしのマイブーム

24歳主婦の私と生後3ヶ月の娘の最近のブームはお散歩。娘が産まれてから引っ越してきたので街のことはまだ知らない。産まれて1.2ヵ月の頃はあまり外出自体しなかったので、気候も過ごしやすくなり首もしっかりしはじめた3ヶ月になってからお散歩(探検)が始まった。

ベビーカーに娘を乗せ、ひざ掛けをかけてあげて出発!マンションの周りを探索する。毎日違うコースにするようにしている。昨日は公園に向かって歩いたから今日は反対側の保育園側の道を歩いてみよう!私たちが住んでいるマンションのすぐ近くに保育園がある。娘は赤ちゃんや子供が好きだ。(自分も赤ちゃんなのに)

保育園の近くを歩くコースが一番喜んでいる気がする。明日もお散歩行こうね!