日本語が分かるシーズー犬と毎日会話している話。

我が家には、今年で8歳になるシーズー犬がいます。

名前はウメちゃん。女の子です。

最初ウメちゃんが我が家にやってきた時、家族のみんなは難色を示していました。

というのも、私が「外で飼うのは可哀想だから家の中で飼おう!」という提案をしたから。

シーズーは比較的、毛が抜けにくく、さらにウメちゃんは大人しい犬だったので、家の中で飼っても大丈夫だと思いました。

結局、家族の反対を押し切り、家の中で飼うことに。いざ飼ってみると、たったの数日で、みんな慣れたようでした。

それもそのはず。ウメちゃんは本当に可愛いのです。特に吠えることもありませんし、人懐っこい犬です。

すぐに愛され、我が家の家族の一員として認められました。

さらに、飼い始めて2~3か月が経った頃、ウメちゃんの特殊な力に気付きました。

信じれ貰えないかもしれませんが、ウメちゃんは日本語が分かるのです。

おやつを目の前に出して、「待て」と言えば、10分でも20分でも待っています。

「ウメちゃん。なんか喋って」と話しかければ細い声で鳴き始めます。

また、信号の区別もできているようなので、ある日からはリードなしで散歩に行っているのです。

「青信号になったよ」と言うと、こちらを一瞬振り向いた後、テクテクと歩き出します。

「そこ左!」と言うと、本当に左に進むのです。

頭がいいのか、ある程度日本語を理解していると解釈しています。

そんなウメちゃんが、ある日、唐突に鳴き出した日がありました。

いつもの鳴き方と違いますし、その日はやけに祖母にくっついていました。

寝る瞬間まで、祖母にくっつき、細い鳴き声を上げていました。

偶然かもしれませんが、その数日後に祖母が亡くなりました。

今だから思うのですが、あの時、ウメちゃんは何かを予知していたのかもしれません。

ともすると、あの鳴き声は、悲しみと愛に満ち溢れた鳴き声だったのでしょう。

地震や災害を予測する動物もいるといいますからね…

今でもウメちゃんはバリバリ元気です。

我が家を幸せにしてくれています。

また、唐突に鳴き出さないように、今日も、ヨシヨシしながら会話をしています。

「みんな元気でいるから、ウメちゃんもずっと元気でいてね」と。

卍なる言葉

日本語がおかしなことになってきている。

いや、ずっと昔からおかしかったのかもしれない。

『若者言葉』なるものが誕生して20年は経つのではないだろうか。

バブル期に、『ぶっとび』『ゲロゲロ』などが当時、流行り、世の中の親世代は呆れていた。

90年代後半。『チョベリバ』『チョベリグ』

現代における略語の代表格かもしれない言葉。

チョベリバは、超ベリーバッド。

直訳するなら、超最悪ってところか。

声に出してみて頂きたい。

チョベリバは感情的に怒ってないような気がしないか?

超最悪は本当に最悪なんだなと相手に伝わるだろう。

過去に広末涼子が『マジで恋する5秒前』なる曲を発売し、大ヒットした。

当時の若者たちは、ふざけて『MG5』マジで漏れる5秒前と言っていたが、そう言っている間に漏れているのではないか?と疑問に思っていた。

さて、現代における略語文化はどうだ。

ラインなどで、『○○集合!』と言えば、『りょ』で済ましてしまう時代が来たのだ。

更に忙しい時は『り』だけで済ましてしまう。これでお互いの意思が確認出来るのが驚きである。

元旦の挨拶。『あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします』

定番の挨拶が、『あけおめ〜、ことよろ〜』

全くめでたくないテンションで若者はこれで成立する。

老若男女が近年、美味しい時は『うま!』寒いときは『さむ!』

どんどん言葉は略され、20年後には、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします

これが、『あす!こす!』と言う時代が訪れるのかもしれない。

こんな時代が来ると思うと、バイブスも上がってマジ卍な感じではないたまろうか。