ネットショッピングにハマり中~

私は最近ネットショッピングにハマっています。洋服がとにかく好きなのですが、田舎に住んでいるのでなかなか周りにいいお店が無いんですよね。ネットだといろんなアイテムが見られるし、お店では見つけられないような個性的なアイテムが予想外に見つかったりするのが楽しいところです。そして何より家から出ずに買い物できてしまう手軽さが魅力ですね。

そういえば、この前買ったハイウエストのショートパンツがデザインはもちろん、履き心地も予想以上に良くて驚きでした!お値段も手頃でいい買い物をしました。いい買い物ができると気分が上がりますよね。すっかり気に入ってヘビロテしてます。

でもサイズ感などはやっぱり実際に試着しないと失敗することもありますね。特に海外製品だと日本製と規格が違うので正直よく失敗します・・・。届いてみると大きすぎたり、逆に小さすぎたり。サイズが小さいのはどうしても着ようがないので参ります。それでも海外のものは日本でも見ないようなデザインが多くてとっても素敵なのでついつい購入してしまいます。半ばコレクションのようになってますね。

たまには外に出て服を買いに行くのも楽しいですが、珍しいアイテムを探すワクワクと届くまでのドキドキを思うと、やっぱりネットショッピングはやめられません。

簡単なカオマンガイの作り方にびっくり

テレビ番組で紹介していたカオマンガイの作り方に驚き、早速作ってみたくなってしまいました!

その番組では料理の特異な芸人と一流料理人がコンビニ食材を使って主婦の前で料理対決をするというものだったのですが、その芸人が紹介したカオマンガイの作り方がとても簡単なうえすごくおいしそうで私にも出来そうだと思いました。

そのままでも十分おいしいコンビニのサラダチキンをお米と一緒に炊きあげるのですが、その際にベビースターを入れることで鳥のうまみをお米に染み渡らせることができるそうです。

確かにベビースターはチキンコンソメの濃い味が後を引く人気のお菓子ですが、ご飯と一緒に炊くなんて発想は全くありませんでした。

そこにニンニクとしょうがを加え通常通り炊き上げてご飯は完成です。

付けるソースもしょうゆやレモン、にんにく、しょう油、砂糖など特別な調味料を使うことなく仕上げることができるので、わざわざナンプラーやタイの香辛料などを購入しなくても思い立ったらすぐに作ることができるのもすごく魅力的だなと思いました。

実際に出来上がりを見てみるととってもおいしそうで、おもてなし料理にも使えそうなくらいの完成度でした。

私はもともとタイ料理が大好きですがなかなかお店に行かないと食べれないので、食べる機会はあまりなく悔しい思いをしていましたが、こんな風に自宅で、しかもコンビニの食材を使ってお安く作れるなんてまさに理想的だなと思います。

一緒に見ていた主人もこれには感動して近いうちに作ってほしいとのことでした。

結果は僅差で芸人が料理人に勝利していましたが今回はこの手軽さが勝敗を分けたのではないかなと思います。

他にもこの芸人さん曰くサラダチキンをカップ麺にスライスして乗せて3分待つだけで鳥チャーシューになったり、卵かけごはんにベビースターを加えると食感も楽しくより一層おいしくなったりと思いつかない裏技を色々と紹介してくれました。

料理本も出版中とのことなので今度本屋さんに行ったら少し見てみようかなと思っています。

母がファンになったSMAP、彼らはこれからも偉大だ

気がつけばファンになっていた、母はそう言いました。私もそうだね、と頷きました。アイドルグループであるSMAPの解散報道をニュースで知り、交わした会話でした。

若い頃は色々なアイドルのファンだったと言っていた母ですが、子どもができてからはあまりアイドルに興味がなかったそうで、ジャニーズも昔のグループなどしか知らないほどでした。しかし、私や弟がSMAP5人が揃って出演しているフジテレビのバラエティ番組を見ているところを何となく見ているうちに、気づかぬうちにSMAPの魅力に惹かれ、ファンになっていたのです。

それからの母はSMAP5人が揃って出演する番組はもちろん、個人個人が出演する番組はそのほとんどを視聴、または録画してくれるように頼むようになりました。誰誰が出ている番組は録画してるよね、この間録画した番組はどのDVDにダビングしているのか、と問う母は空き時間があれば録画した番組を見て楽しんでいました。私もそんな母を見るのが好きでした。

SMAPの魅力は私も理解しているつもりです。個人個人がそれぞれに活躍のステージを見つけ、グループとしてはもちろん、個々でもしっかりと活躍している、その姿は国民的と呼ばれるに値していると思っていました。

しかし、そんなアイドルグループにも確執があったと知り、ショックを受けた2016年1月。その報道が出てからは母は見るからにショックを受け、溜め息を多く吐くようになってしまいました。私も少なからず動揺しました。様々なメディアがこぞって世間に流す情報のどれが本当のことなのか、一斉に出される情報の何を信じていいのか、母は私以上に動揺していました。

そんな騒動も何となく終結に向かっていた矢先、今度は決定的とも言える年内で解散の報道が流れました。恐らく解散はないだろう、でも、契約期間が終われば分からないと言っていた一部メディアの情報がまさに現実となり、ニュースとして流れてしまったのです。これには母は、あまり食欲がないとまで言い出すようになってしまい、相当なショックを受けていました。

それでも母は前向きでした。今までのグループ活動に嘘はない、彼らにもらったものは計り知れない、彼らがギクシャクしたままSMAPを続けるのは宜しくない、今まで楽しませてくれたんだから、と、少しずつ元気になってくれました。

彼らが残してきた功績はどんなグループにも越えられない偉大なものだと私も思います。メディアの報道がすべてではないにしろ、彼らが心の中を語ることはないのかもしれませんが、彼らの今までの偉大なる功績は消えることなく生き続けるのだろうと思っています。

納得いかない部分もあるけれど、それでも彼らは彼らなりに必死だったのだから、と母は言いました。そうだね、と私は頷きました。

SMAPには、ありがとう、その時が来るまでは頑張って欲しい、そんな気持ちでいっぱいです。