子供の教育費への不安

我が家と違い、乳幼児期から幼児教室やら親子スイミングやら、小学校お受験の為にと努力していた夫の姉のところは、子供二人ともが私立の小学校は合格して通っています。

すごいですよね。

たまに義姉とお子さん達に夫の実家で会うのですが、通学だけにもお金がかかるし、上の子は小学校三年生だけど塾も考えているとかでとても大変そうです。

まあ、しっかりした職業についている旦那様がいるし、義姉さんもパートで働き始めたから他所の家のことは要らぬ心配だとは思うのですが、むしろそれを見てると自分の家の方が不安になってきます。

うちは、私も旦那も塾なんて一度も通ったこともない学生生活でした。

だから、全然塾に通わせるなんて頭になかったんですよね。

私なんて家にいる専業主婦なんだし、私が教えれば良いじゃん?と思っていました。

けれど、塾に通わせないのって親のエゴなのかもしれない、塾に通ってないことで今後、子供たちが苦労するのかもしれないと思うと一気に不安になったんです。

そこで、塾代ってどのくらいかかるのかなと思ってかるーく調べてみたら、なんかものすごく予想以上に高くてびっくりしました。

私が週に数回パートしたって、そのお給料は全部塾代に消えてしまうではないか、と愕然としました。

そんな話を夫にすると、私と違ってどっしり構えた人である我が家の夫は、子供にどこまで進学させたいのか、どのレベルを狙うのかによっても変わるのだから、心配するのは早いでしょ、と言いました。

確かにまだ小学校入って一年も経ってない我が子の心配をし過ぎてました。

心配性な妻に慣れてる夫らしい返しでした。